ジェイサンノツブヤキ
by junko_miyajima
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
HOME/Gallery & Shop
【ガジハイブ】
コンビ【S】と【J】の運営するHP

【ジェイコボ】〜準備中〜
 J:ミヤジマジュンコのHP
 版画・イラスト・陶芸

【 お問い合せ 】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
版画作品がブログスキンに
選ばれました☆
このスキンを使いたい方は
こちらから クマ画像を探してね♪ border=
Thanks !! 「エキサイト賞」
スキン公開:2007年12月17日〜
【詳細】コチラ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
久しぶりに河原へ
c0146513_1354463.jpg
とりあえず夏休みに入りました

今年の夏は
なんともいっそがしい1ヶ月になりそうですが

気分転換に
スミノフと夕涼みに出かけました。


c0146513_1361664.jpg
いつもなら暑くて外に出られない18時頃に
スミノフも何とか道路を歩けるくらい
今日は割と涼しい1日で
久しぶりに河原へ


芝生も刈ったばかりのようで
草も瑞々しく
スミノフも久しぶりに草を食み


夕陽も綺麗でした〜
ピカ〜〜〜ン
この写真から何か出てませんか〜

c0146513_1375956.jpg



いつもならこの時間
実習室で一心不乱に刷ってるもんなぁ…

やっぱり陽のあるうちの散歩は大事だな、と思ったのでした。
[PR]
by junko_miyajima | 2009-07-31 01:38 | ツブヤキ
動画を作ってみた♪3 マッチ編
c0146513_1405667.jpg


約60〜70カットの画像を使って
コマ送りの速度を変えた2パターンのご紹介。


【マッチ編、その1】

11秒の映像(0.05フレーム)

映像は → 【こちら】
(QuickTimeが必要だよ)




【マッチ編、その2】

22秒の映像(0.10フレーム)

映像は → 【こちら】
(QuickTimeが必要だよ)



☆ ☆ ☆


11秒と22秒からわかるように
フレーム設定0.05と0.10を比べると
速度が2倍になっています。
(0.05の方が早い)



マッチが動いてるとまるでウニのようですが
(色も独特なの選んじゃったよ)
撮りたい映像をなるべく近い状態で再現するには…と
家で目についたマッチを使ってテストしてみました。
土台はねりゴム。


きっともっとクネクネしながら
伸び縮みとかもしながら
それらしく見せるには?

素材選びがどんどん絞り込まれてきそうですね〜☆
[PR]
by junko_miyajima | 2009-07-30 14:07 | ツブヤキ
動画を作ってみた♪2 はこ編
c0146513_20524387.jpg
こんどは「動く箱」編。28秒(105カット)。

動画は → 【こちら】
(同じくQuickTimeで見れます)


紅茶の葉っぱを入れるカップとその箱。

前の「うさぎ」は画像1枚あたり
3フレーム(0.03)という長さで設定しましたが
この画像を同じように設定したら
動きが高速すぎてよくわからなかったので
8フレーム(0.08)にしてみました。
(↑ ちょっとゆっくりコマ送り、という意味)


☆ ☆ ☆


この2つの15〜28秒の映像でも
80〜105カットの画像が使われているように

長編になると
処理する画像の数も半端じゃなくなります…



なるべく「トリミングや画像処理をしない」方向で
「撮りっぱなしを編集していく」
という方向性を強く押します。


素材は何がいいのかなぁ。。

被写体は、何度も手で触って動かして撮影するので
あまりにも繊細な実物は
暑さや接触に耐えてくれない可能性が…

…カラー粘土かなぁ。

…折り紙と針金などで芽を作るのもありかなぁ。


とひとりごち
[PR]
by junko_miyajima | 2009-07-29 20:49 | ツブヤキ
動画を作ってみた♪1 ウサギ編
c0146513_19351486.jpg


15秒の映像で
編集したコマは、約80カット。

映像は → 【こちら】
(QuickTimeが必要だよ)



iMovieにて
640pixl幅くらいのサイズで作成した
ストップモーションビデオを
Quicktimeのweb仕様に圧縮変換したもの。


モデルのうさぎさんは
磁器製のウサキの箸置きです。
(箸置きとして使ったことないけど)
なんともシュールな表情をしている2匹です。


☆ ☆ ☆


とあるプレゼン映像を作る係をしています。

夏休みが勝負だ〜ということで

早速ためしに動画を作ってみました。


なんだか楽しいですよ〜

脳が活性化中




さりげなく集会のつづきをここでしてみたり。。
[PR]
by junko_miyajima | 2009-07-29 19:38 | ツブヤキ
日経【エコライフ】水曜掲載に
c0146513_351795.jpg
2009.7.22(水)
トイレ掃除の仕方を男の子にも教えよう!というお話



以前、掲載が金曜から木曜に変わった、とお知らせしましたが

もしかすると

金曜から水曜に変わったのかもしれません(汗


金→木→水 と思っていましたが
金→水 だったのかな…?!

私の勘違い…?!

まぁ、それは結果よしとして ↓



同じ水曜日で朝刊・夕刊に載っています。

夕刊のないエリアでは朝刊に掲載されているようです。



よろしくおねがいいたします☆




c0146513_242227.jpg
2009.7.10(金)
お風呂のカビ取りにも重層大活躍!のお話。
アクリル毛糸で編んだたわしでこするとよく落ちるそうです。
[PR]
by junko_miyajima | 2009-07-28 02:42 | お仕事(イラスト・広告)
水鉢に花が咲いた♪
c0146513_2333310.jpg
連日、水鉢ネタですが

買ってきた水生植物に

花が咲きました☆


なんて言ったかな〜この植物…

ゴ…○○…。




蕾の時は、蓮みたいな花が咲くのかな〜って期待していたのですが

咲いてみたらヒヤシンスみたいだったよ。。

んでも夏に涼しげな色合いです♪



この植物、当初は2株買ったのですが

1株でも充分だったかも。。

もりもり成長してて

2株が一気に4株に増えました。


増殖力、すごいなぁ〜


葉っぱももりもり育ってます。

水面下の根っこもすごいよ!!



メダカがちゃんと泳げるように

根っこを時々カットしてます。


黒い根っこだから

散髪みたいです。
[PR]
by junko_miyajima | 2009-07-28 02:35 | ツブヤキ
フナが金魚に…?
メダカを3匹飼い始めました〜と
以前日記に書きました。

その時期を前後して
入れたはずのない大きなフナが1匹
水鉢に紛れ込んでいる…とも書きました。


あの時
そのフナの体の色は
グレーだったはずなのに


いつのまにか
金色になっている…のです

( ゚Д゚) ナニガ オコッタ?!



今では
買ったメダカ3匹より
金色に輝いています。
まるで金魚のよう。。




フナがまだグレー色だったころ。
サイズが大きくなってきて
メダカさんを横から突ついたりしてるのを見かけて
メダカ…食べられちゃったらどうしよう…とか
ふとよぎったりして
ちょっとドキドキしながら
水鉢を覗き込んでいた日々がつづきました。


フナさん…近くの池に放そうかなぁ
とも考えていた矢先


「あ、でも…
突ついてたのは攻撃してたんじゃなく
仲良しのコミュニケーションなのでは?
うちのメダカとフナは仲良しだったりして?!
離ればなれにしたら可哀想かなぁ…」
とか相棒につぶやいたら
「え〜そうかなぁ…(;´Д`) 」
(→ そんなわけないでしょ−)
みたいな生返事が返ってきたりして^^;



そんな空気を察したのか?!
ある日、水鉢を覗いたら
なんと体の色が金色に変わっていた
というわけなのです。


「みにくいアヒルの子」を
思い出してしまった。

フナではなくて
金魚だったのでしょうか。。




メダカも黄色〜金色に近いので
周囲の色と同じ色になろうとする
遺伝子とかあるのかなぁ。。。?





☆ ☆ ☆


っていう日記を書きながら
今 スマステを見ていました。

「全国オススメ花火大会ベスト20」っていうのをしています。

おすすめ上位の花火に
「新潟」の名前がたくさん出てきてるのが
なんだか嬉しかったりします☆


柏崎のぎおん花火、片貝花火の4尺玉、長岡花火の3尺玉連発
変わり種として角田の花火も紹介されていました〜

角田の花火は知らなかったなぁ
角田山を登山して
花火を見下ろすように楽しむのだとか♪


なんだかんだと言いながら
どこかで新潟の話題が盛り上がっていると
嬉しいのですね〜♪




ちなみに
個人的に片貝花火は、とってもおすすめです。
一生に一度は見ておいた方がいいくらいです。

4尺玉をあげる時
大地が轟きます。
すごいです。
[PR]
by junko_miyajima | 2009-07-25 23:40 | ツブヤキ
あっという間に夏休みへ
1つ前の日記で
もうすぐ前期展示です〜と書いているうちに
怒濤の日々は過ぎ…

不眠不休で家でも学校でも制作や準備に追われて
気がつけば2、3日メールチェックをしていなくて
日経のイラストカットの入稿曜日がまた早まったことも
気付くのが遅くて、担当者さまの留守電で
危うく難を逃れ入稿までになんとか間に合った…とか

他の仕事で請求書出しの〆切りが迫っているにもかかわらず
忙しさにかまけて投函忘れちゃって
これまた担当者さまの電話で思い出し
なんとか〆切りまで間に合った…とか


忙しすぎて
余裕がなさすぎる
ってよろしくないですね。。

でも大学で前期展示とか後期展示とか
卒制展示とかなければ
こんなに必死に作品を作り上げるっていうことも
なかったわけで・できなかったわけで


これはどうしても
こんな状況になってしまう時期だったのであります!
すみません!! と
気持ち新たに仕事や制作に向うのであります。



そんな中でも
いつでも
日々を楽しむ心は大事にしないと!





話は戻りまして
前期展示の搬入、展示、搬出が終わり
昨日は版画全版種の合同合評というものがありました。
全版種というのは、木版・銅版・シルクスクリーン・リトグラフ
合計22人。

いつもは
各版種ごとにそれぞれのペースで合評が行われるのですが
他の版種の生徒がどんな作品を制作しているのか
作品をどんな想いで制作しているのか
というのは日頃仲良いコでも
版種が違えばなかなか分かりにくいものがあります。

”せっかく4版種あるのだからたまには全員での合評もありだよね”
”他の版種の先生方からみたら自分の作品はどんな印象を受けるのだろう”
あわよくば愛ある意見やアドバイスを頂ければ
後期に向けての準備期間である夏休みもいい時間が過ごせるのではないか〜と
これはいい機会でいい流れだな〜と思っていました。


以前は全版種での合同合評はあったようです。
実習室が手狭になって版種が2:2で制作場所が分かれてしまったり
いろんな理由で合同合評がなくなってしまった、と聞きました。

”本来なら3回生後期に1回、4回生前期で1回くらいやるのがいい”
という先生のご意見に私も大きく頷いたのですが
生徒の成長とともに作品も成長するわけで
ポンッと4回生前期の作品だけを見てもらっても
アドバイスの効果は半減しちゃうのだなぁと。

3回生の時点で
ビシッ、バシッ…ハッ! と
いろんな刺激を交流しあえば
4回生になった時の意気込みも大分違うものになってきます。


そんな今年度の4回生ですが
これから土壌が整えられて
今の3回生、2回生あたりに
ちょうどいい環境がひとつできあがるのでは…と
そんなことを感じた1日でした。





実際に思い通りの作品を作り始められるのが
3回生からの2年間。

人によっては、それが1年だったり半年だったりするのでしょうが
あっという間ですね〜

その中で
「私はこういう作品を作りたい! 頑張っています! こんな方向性を持っています!」
といったことを、自分で再認識したり、他の生徒や先生に伝えなければいけない
というのは結構難しいことなのだなぁと。

それ用の作品を作らなければいけない、というのもあるのかな。
展示用に適った作品、誰の視線も気にせず純粋に作りたい作品、
試作のために実験したい作品、
仕事やお客さんを意識して作りたい作品、、

みんなの時間の流れはそれぞれで
さくっとそれができちゃうコもいれば
周りよりも時間や手間がかかってしまうコもいて。

そもそも、それらをこの2年間でやるのは
ちょっと難しいです…のよね
芸大に通っている学生のスタンスもそれぞれですし。
あ、でも大学・学生のレベルもあるかも。


私のスタンスはどんなんかなぁ、と考えてみると
・まずは技術を習得したかった
・ビジネスが絡まない所での純粋な作品をたくさん作りたかった
・でもビジネスにまでもって行ける作品も作りたい
・芸大ならではの美術や芸術・作品に対する思考回路を感じたかった
・大勢の人の中で制作したかった
・そこから生まれる交流を大切にしたい などなど


2つ目のは、今回の合評でも感じたことですが
自分はそのビジネスと切り離して純粋に作品を作る、というのが
どうしてもできないなぁと。

…いやぁ、作っている・作ろうとしているのだろうけれど
まずは自分以外の視線を意識して作らなければいけない作品を
優先して作っているのかもしれないです。

大学を卒業したら
他の視線を意識しない作品がもっと作れるのだと思ったりします。

焦ってもだめだけど、焦らなきゃいけない




というても、どういうスタンスで制作しようが
その作品を観た人が「いいね!」「これ欲しいです!」となれば
それはそれで商談成立、な世界。

そんな中に自分は立っているのだなぁ。






そんなことを感じることができる
今の時間や環境はやっぱり大事なものなんですね〜
[PR]
by junko_miyajima | 2009-07-25 15:47 | 版画・絵
もうすぐ前期展示
だんだんと夏に近づいてますね〜


最近実家から枝豆をいただきまして

昨日今日と夕ご飯のメインは枝豆になっております。

やっぱり、新潟の枝豆 美味しいなぁ

もう あと一握りしか残ってないや(涙


☆ ☆ ☆


あと1週間で

大学の版画コースの前期展示が始まります。

刷り…果たして終わるのか?!

体力的に というよりも

精神的にキツいです。


同じリトグラフのメンバーも

ギリギリまで作品づくりをがんばっていますが

日々、「今何%? (まで進んでる?)」という質問が飛び交っています。


頑張れ自分!
がんばれ みんな!



☆ ☆ ☆



あいかわらず

筋トレ…じゃなくて刷りを続ける日々でありますが

この頃の作品では

エディション30枚は欲しいので

1作品につき、35〜40枚くらい刷っています。


1作品で8〜9枚くらい版を使っているので

9 x 35 = 315 回 …は 刷り台を上げ下げして

その何倍もローラーをコロコロ

同じくスポンジでゴシゴシと

割と力作業をしていることになります。



すごいなー

どうしてそこまで頑張れるんだろう…と

冷静に自分を見つめながら

刷ってることも時々。。



周りのことは関係ないのだ

自分との勝負やね。


勝ち負けじゃないけどね。
[PR]
by junko_miyajima | 2009-07-10 01:46 | 版画・絵
日経コラム「温故知新のエコライフ」金曜から木曜へ
c0146513_202711.jpg

★ お知らせ

毎週カットを描かせて頂いております
日本経済新聞【温故知新のエコライフ】のコラムが
金曜から木曜付けの掲載に変わります。

掲載曜日が変わるのは
7月の第3週
7月16日(木)からになります。


どうぞよろしくおねがいいたします☆



そして
この新コラム【温故知新のエコライフ】がスタートしてから
あっという間に1年がたちました。

担当者さんからのメッセージを頂いて
初めて気付くほどにあっという間で
そんな1年だったのだなぁ…と。

たくさんの気付きと大きなやりがい。
その分重い責任も感じますが
このお仕事をさせていただけること
本当に感謝の毎日です。

もちろん他の様々なお仕事も同じく
いろんなこと
いろんな人に
アリガトーーー!!!


このコラムの意図が
たくさんの方々の胸に響き広がりますように☆





※大阪にお住まいの方は「夕刊」に掲載されています。
東京、新潟では朝刊掲載です。
他県ではどうなのでしょう?!

[PR]
by junko_miyajima | 2009-07-06 20:03 | お仕事(イラスト・広告)


最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
画像一覧