ジェイサンノツブヤキ
by junko_miyajima
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HOME/Gallery & Shop
【ガジハイブ】
コンビ【S】と【J】の運営するHP

【ジェイコボ】〜準備中〜
 J:ミヤジマジュンコのHP
 版画・イラスト・陶芸

【 お問い合せ 】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
版画作品がブログスキンに
選ばれました☆
このスキンを使いたい方は
こちらから クマ画像を探してね♪ border=
Thanks !! 「エキサイト賞」
スキン公開:2007年12月17日〜
【詳細】コチラ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1回生が遊びにきたよ☆
c0146513_0323396.jpg
昨日は美術学科の1回生が版画実習室を見学にきました。

今回は趣向を凝らして
院生が引率しながら4版種の説明をしてくださいました☆
3、4回生と留学生たちの作品を机に並べて、今後の参考にしてもらいながら
リトグラフの部では、デモンストレーション的に私がリトグラフを刷っている所を見てもらったり、少しお話をさせてもらったりして、なんとも新鮮な体験でした。

1回生も楽しんでもらったようですが
私たちも楽しかったです☆
改めてみんなの作品を一同に眺める機会も少ないですし♪




c0146513_039269.jpg
この日はちょうどリトグラフの合評の日でもありまして実習室は大賑わいでした。
そこに見学にきた1回生も加わって…の図。
お互いの作品について意見交換をするのもいい機会ですよね〜

作者の制作意図を聞くと
関心したり、意外な意図が垣間見えて
作品を見るにも奥行きがでてきます。


みんないろんなこと考えながら
作品つくってるんだよね☆




今日は、筋トレ並みに刷り台を動かして
全部で60〜70枚分の作業を繰り返してフラフラなまま
夜、ワンコと散歩に繰り出したのですが
その時歩きながらふと思ったこと ↓

大学などで”たくさんの人に囲まれながら作品を制作する、意見交換する”というのは
とても貴重な体験だなぁとじわ〜っと感じ入りました。

以前よりも
自分の描いたドローイングや未完成なものが人の目に触れることに対して
抵抗がなくなってきていたり
自分の描いたものを見てもらうことの気恥ずかしさみたいなものも
ここ数年でだいぶ感じなくなってきているなぁと思います。
というか、そういう気恥ずかしさが前にはあったんだ?!…って
振り返るとそう思えるというかで

それに伴って自分の心の中のどこかも
だんだんとほぐれてオープンになってきているんでしょうね〜


そんな風に感じたのでした。





今までは、”私の作品!”というよりは
仕事とか誰かの依頼があって描き出すことが多かったのだなぁ。
それをどこか隠れ蓑みたいにしていたところもあったのだと思う。


なので、こうやって何もないところから
自分がただただ表現したいもの、伝えたいものを絵にするという行為
「これは私の絵です!」「私です!」っていうのは
一種の内観作業ですよね〜


なんて思う今夜。
ちょっと眠いので オカシなこと書いてるかしらー





まだまだ つぶやくとですね

これは陶芸の作品を見てもらったり使ってもらう、
というのとも何だかちょっと違って
なんだろう、絵って自分でも気付かない自分というものが
知らず知らずにその絵とか作品を通して外に染み出しちゃって
それを見られていることが気恥ずかしいのだろうか。
絵ってそういうのが伝わりやすいんですかね。
まわりの人にも分かりやすい、のかな。

より自分の核に近いところに
絵というものがあるから?!

…ふぅむ




こんなことを考えてしまうような 昨日は
とってもハートフルな雰囲気が漂っていた
心地よい実習室なのでした♪


やっぱりね、人といろんなことを
お話するのはとっても大切なことですよ!



ふわふわ〜なまま
眠るとします☆
おやすみ〜
[PR]
by junko_miyajima | 2009-06-06 01:13 | 版画・絵
<< 金魚 版画の醍醐味 >>


最新の記事
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
画像一覧