ジェイサンノツブヤキ
by junko_miyajima
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HOME/Gallery & Shop
【ガジハイブ】
コンビ【S】と【J】の運営するHP

【ジェイコボ】〜準備中〜
 J:ミヤジマジュンコのHP
 版画・イラスト・陶芸

【 お問い合せ 】
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
版画作品がブログスキンに
選ばれました☆
このスキンを使いたい方は
こちらから クマ画像を探してね♪ border=
Thanks !! 「エキサイト賞」
スキン公開:2007年12月17日〜
【詳細】コチラ
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

腰の捻挫から思うこと(4)
(3)のつづき
どうでもいい忘備録で恐縮ですが…




飛行機に乗るときは必至だったから
気合いが入って痛みがどこかへ行っていたようで

家に着いてからは
杖で歩くのもしんどくて
壁をつたって歩くのも出来ない状態になっていた。。。



1日中、横になったまま、右か左を向く生活。
上向き、うつぶせは痛くてできない。。
(腰にもよくない)

”床ずれ”について考える日々だった。

ちょうど実家近くの病院に祖母が入院していて寝たきりだったので
床ずれの辛さとその防止の対処が大切なことを思い知らされた。

タイムリーにたけしの宇宙の番組があって
”一般人も参加できるNASAでの仕事”というのに
「寝たきりの生活を3ヶ月実験」というのがあって
そのしんどさにすごく共感できた。



最低限の動き=食事やトイレへ行くときは
激痛は必至で、身体を動かさなきゃいけないんだけど
日頃のさりげない動きはほとんど痛くてできないんです^^;

ほんの1cmの段差でも片足をあげるのも痛くて動かしたくない。
足の指をイモムシみたいに動かしながら
少しずつ段差に足を乗り上げていったり(笑
体を立たせて歩くなんてとんでもない!状態だったので
部屋も廊下も基本は四つん這い。
手の平とか手首が疲れてくると、オランウータンとかゴリラみたいに
床をパンチするみたいな格好で這っての移動。
膝には摩擦が減るように、フリースの膝掛けを敷いて
膝を滑らせるように這ったりして

”バリアフリー”についても考える日々だった。

大阪の家が平屋で本当によかった><;


普段気にせずやっている動きって
実はすごい腰に頼っているというか
負担をかけているのですよ!

改めて思い知らされた腰痛には
たくさんの気付きがありました。



正座が楽だったので
ご飯食べる時とかどうしてもしなきゃいけない仕事をする時に
座卓を前に正座していたけれど、10分ももたなくて
起きてはまた寝て腰を休めて、また起きて、の連続で
仕事もいつもの何倍かかったかなぁ…
大阪戻ってきてからどうしても間に合わせないといけない仕事が2、3こあって
最初の4、5日は本当〜〜〜に辛かったです。
腰痛が長引いたの、これも原因かも。。

寝ながらキーボードを打つのも結構大変で
結局起きて作業するのが早かったりするんだけど
正座して両腕を浮かせるのが
こんなに腰に負担がかかるとは知りませんでした。

今振り返ると
「椅子に座りながら」「両腕を浮かしてする」作業が一番しんどかった。
床に座って両腕を浮かすのも無理だったなぁ…
最後の最後までできない格好がこれだったんです。
背骨にずしーーーんと上半身の全体重がかかって
長時間これを続けると本当に腰を痛めると思いました。
座りっぱなしが危険なんだな。

普段の腰って頑張ってるんだなぁ。

立ち姿勢で足でも腰や上半身を支える方が
腰に負担がかからなくていいのですね。

デスクワークの方に以外とこの腰痛(=ギックリ腰ともいう)
が、多いのだそう。

思い当たる節がいっぱい…^^;



大阪の家に戻ってきて
なんとかシャワーに入れたのは4日目でした。
(腰を温めるのも最初はタブーだったし)

お風呂に入りたいっていう気力もなくて
そこまで這って行くのもしんどくて
風呂場の段差がもうこれは無理!という段差だったりで
ただただじーっと眠るかテレビ見るか。
本を読む気力もなし。
不思議と1日1日もあっという間に過ぎて…
印象的な夢はたくさん見た。

あ、でも、ペ・ヨンジュンの「太王四神記」をじっくり観ました。
(横向きだったから映像把握がイマイチだったけど…)
これはすごいね!ドラマを飛びこえて立派な映画だよ!
私は大好きです!
こういう時代背景の韓流ものはツボかもしれない。
「太王四神記」公式サイト


整形外科に行ってレントゲン取ってもらったのもこの頃。
どうなるか分からないけど、家前までタクシーに来てもらって
タクシーの運ちゃんの肩を借りながらシートに座って
整形外科に着いたら今度はスタッフさんの肩を借りて
病院では畳の部屋で寝転んで診察を待つ始末…
高齢の方々には「まだ若いのに可哀想に…」とか言われて
情けなかったなぁ…


この腰痛には何の意味があるんだろう…って
本気で考えました。
腰に負荷がかかりすぎたのもあるけど
きっといろんな意味やタイミングがあるんだろうと思う。

腰のサポーターも買って
痛み止めをもらい、なんとか帰路へ。
行き帰りで2時間半かかった診察でした。
こんな痛みではもう行きたくないなぁ…





いつもなら遊んで遊んで〜ってボール持ってきたり
あまり相手してないと、ガリガリーって引っ掻きにきたり
飛びついてきたりするんだけど
こういう時は、犬のスミノフも
静かに隣で眠ってくれるんですよね。
スミノフもなんだか元気がない。


そんなふたりのお世話をしてくれた相棒さんは
夕ご飯を作ってくれたり
次の日の朝ご飯やお昼ご飯のお弁当も作ってくれて
洗濯もしてくれて
スミノフの散歩もしてくれて
ワンコのトイレシート綺麗にしてくれたり
ホント感謝感謝です。



それでも1日経つごとに
腰が少しずつ回復しているのがわかって
この変化はとても面白くて興味深かった。
内容が細か過ぎて書ききれないんだけど

人間の回復力はとにかくすごい!!



☆ ☆ ☆

杖を使ってて気付いたのが
おじいちゃんやおばあちゃんが杖をついて歩く時に
反対の手の拳を腰にあてている風景ありますよね、
これ、理にかなっています!

杖をついて歩く時に
反対の拳を腰にあてて歩くと、バランスがとれて
なぜだか力も入って 歩きやすいんですよ〜
だてにあのポーズがある訳ではないのですね。

☆ ☆ ☆

ちょうど腰痛で寝込んでた時に
テレビ朝日の「アメトーーク」で
”腰痛持ちの芸人さん集まれ”企画があって
これ、めっちゃタイムリーな番組でした。
出てきた芸人さんの腰痛エピソード、すべてうなずけます!!
「私ひとりじゃないんだ」ってなんだか安心したりで
みんないろいろ苦労してるんだなぁ〜
腰痛の時の生活がどんなもんかは
このアメトーークの番組を見てもらえばすべてわかります!
「アメトーーク」


そんなこんなで
やっとこ1人でバイクに乗って、外に用事を済ませられるようになったのが
4月6日ごろ。
8日からは大学のガイダンスが始まり
9日からは通常授業が始まったのですが
最初はドキドキで大学へ向いました。
みんな歩くテンポが早くて、ついつい合わせて早く歩いちゃうんだけど
強行的なリハビリになったようです。

桜もすでに葉桜に向っていて
今年の花見は、ポテポテ歩きながら時々見上げる近所の桜で終わりました。
でも歩ける様になって本当によかった。



腰は本当に大切です。
身体を大切に使わないと!

そして、いつもなら
知らない人の手を借りたり、肩を借りたりなんて機会はそんなに無いんだけれど
そんな人の優しさを感じられたのも腰痛のお陰だったりします。

最終的に万事OK!!!


腰について思うこと
また何か出てきたら呟いてみます。
[PR]
by junko_miyajima | 2009-04-18 03:24 | ツブヤキ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://junkom.exblog.jp/tb/11350024
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 癒されたい あなたへ 腰の捻挫から思うこと(3) >>


最新の記事
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
もん リラックスしてるね。
by toshiko at 07:01
人間に生まれてきたんだか..
by セフレ at 15:01
>flipoさま ..
by junko_miyajima at 20:25
>鍵コメさま 遅れ..
by junko_miyajima at 20:24
junkoさんのスキンを..
by flipo at 12:32
グリーにハマっている人集..
by グリー at 17:20
☆kaushal さま ..
by junko_miyajima at 07:52
検索
画像一覧